遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

【CoCプレイ感想】『黒いガレー船』

アカシック13のプレイはこれでやっと7つ目、折り返しだ。

 

Twitterで評判が良いシナリオをキーパーで回すことに。果たしてその結果は。

 

『黒いガレー船

f:id:Lapu_Cosmic:20180522211843j:plain

 

著:柄本和昭

 

あらすじ
------------------------------------------
キャンプ場を訪れた探索者たちは異世界からの襲撃に遭遇する。
------------------------------------------
出典:アカシック13

 

ややファンタジー路線のシナリオ

 

本シナリオは前半がホラー、後半はファンタジーに片足を突っ込むような変わったシナリオだ。まさかドリームランドをこうやって繋げてくるとは。現代日本とはいったい・・・。

 

とはいえ、ドリームランド(幻夢境)もクトゥルフ神話で重要な要素の一つだ。初心者がドリームランドに興味を持つかもしれないし、1本くらい混ざっていても問題ないだろう。

 

キーパリングはしやすいが、自由度は低め

 

キャンプ場という空間で異変が起こり、そのエリアで完結するためキーパリングは難しくない。探索する場所も限られているため、やや変則的な一本道のシナリオといったところか。

 

自由度が無いわけでは無いが、誘導用のNPCもいるので探索者の行動をコントロールしやすいだろう。

 

展開はぶっ飛んでいるが癖は強くない

 

このシナリオの肝は、ある意味ぶっ飛んだ後半の展開なのだが、私は癖が強いとは感じなかった。むしろ「これ面白いのかな?薄味な感じがするなあ」とまで思ったくらいである。恐らく2~3時間で終わる内容なのだからだろう。

 

NPCの行動方針も細かく書かれていて回しやすい部類の内容だと感じた。初心者KPも気兼ねなく回すことができるだろう。

 

 

 

 

 


以下はプレイヤーとキーパーの感想が含まれているので、少しでもネタバレが嫌ならば注意して欲しい。

 

 

 

 

 

 

プレイヤーの感想

「初心者としてはとっつきやすく、手堅い」「NPCの行動がちょっと薄味。特にドリン大尉」「シナリオの改造もやりやすそう」という感想を頂いた。ドリン大尉はねえ・・・絶対に肩書負けしていると思うんだ。

 

余談だが、報酬のアイテムの価値1D100万円で、ここぞという時に低い出目を出す「ダイス芸人」で有名なプレイヤーが見事「2」を叩き出した。ある意味一番盛りあがった。

 

キーパーの感想


私がキーパーを務めたのだが、正直なところ、評価が高いという理由がさっぱりわからなかった。感想としては「普通」である。恐らく神話的背景が単純かつパワープレイすぎて、「別のTRPGのシステムでプレイした方が楽しそう」だと感じた事が原因だろう。

 

ちょっと改造すればアリアンロッドで遊べるんじゃないかな。