遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

CoCシナリオコンテストavant-garde(シコAV)応募レポ

Aphontony様主催のシナリオコンテスト『CoCシナリオコンテストavant-garde(シコAV)』に応募し、総合順位で第1位を獲得しました!

 

Aphontony様のHP

www.aphontony.com

 

シコAV結果

Aphontony EVENT

 

提出した作品は『瞳を閉じた病棟』。脱出クローズド、いわゆる「白部屋」のジャンルです。

 

一見ありきたりな設定ですが、神話的背景やシチュエーションの魅力が高く評価されました。

lapu-cosmic.hatenablog.com


自信はありましたが(参加者全員そうだとは思いますが)、まさか最高評価を頂けるとは感無量です。

 

 ↓以下のツイートでシナリオの内容について触れています。

 

以下は応募レポです。

 

応募の経緯

 

7月頃にRole&Rollのシナリオコンテストの存在を知り、「コンテストに挑戦したい」という意欲が沸いた。

 

しかし経験ゼロで応募するのは大いに不安があり、五里霧中という感じだったのだ。

 

そんな時に『シコAV』の募集ツイートに気づく。

 

Twitterで少しずつフォローを増やしていたおかげで知ることができた。フォローが増えるほど回って来る情報も増える。Twitter凄い)

 

参加すれば私自身のステップアップになることは間違いない。

 

だが私はTwitterの新参者で、主催者様との交流は一度も無い。参加して良いのだろうか?

 

いいや、やったれ。

 

という困ったときの魔法の呪文を唱えつつ、思い切って参加を決意したのである。

 

参加するからには・・・

 

主催者様からは事前に「厳しい審査になる」と言われていたので、戦々恐々であった。

 

見てもらうからには、全力出さねばなるまい!

 

ということで、私の持てる力全てでシナリオを書くことを決めたのである。

 

シナリオコンテストの提出形式は公式準拠とアナウンスがあった。

 

模倣することが成長の一歩なので、購入したてのサプリ「アカシック13」の形式を堂々と模倣して書き始める。

 

ゼロから作るよりは、模倣して作りつつ後から自分の色を付けて仕上げる方が作りやすい。

 

それにシナリオとして形にはなるので(と当初は思っていた)、恥ずかしい思いはしないだろうと踏んでいたのだ。

 

気づけば・・・

 

そしてテストプレイ2回、大幅修正すること2回。毎日2時間程度費やしていた。

 

はい、合計30時間くらいかかりました。

 

テストプレイを経て修正を繰り返していたので、完成した時は疲労感と達成感に襲われた。

 

リアルの都合もあり、期限の1週間前に提出を決めていたので、実は大分余裕のある完成であった(修正を諦めたとも言う)。

 

計画通りに完成したため、時間には追われず無事に早期提出することが出来たのだ。

 

(ただし、他の人が続々と提出するにつれて「コンテスト用のシナリオってこんな感じに書くのか・・・私だけ場違いやんけ」と、やや恥ずかしい(/ω\)感じだったのは秘密にしておく)

 

まとめ

 余裕を持って提出することは良い事だ!