遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

【CoCシナリオフック】かき氷始めました

あらすじ

 

本日紹介いたします商品はこちら、『超速冷凍かき氷』でございます。

 

このかき氷を一口食べるだけで、あら不思議!体中がキンキンに冷えてしまうのです!

 

一億人総熱中症と呼ばれるこの時代にぴったりの商品です。

 

既に出荷数は1,000,000個を超え、全国で販売しております。

 

皆さんも『超速冷凍かき氷』を食べて、この暑い夏を乗り切りましょう。

 

以上、「ショゴス・インダストリー」のテレビショッピングでした!

 

概要

 

一万人以上が熱中症に陥る暑い夏。

 

探索者は『超速冷凍かき氷』という商品が大ヒットしていることを知る。

 

実際に食べてみると、体がすーっと冷えると同時にPOWが吸い取られる感覚を覚える。

 

この商品を調べてみると、商品の元となる氷が怪しげな会社から出荷されていることがわかる。

 

人々はのんきにかき氷を食べているが、何か怪しげな儀式を行なっているのかもしれない。

 

調査を進めている内、氷を闇ルートで売買しているカルト教団にたどり着く。

 

彼らの企てを挫くためアジトを襲撃し、探索者はこの氷の真相を知るのであった。

 

しょーもな。

 

真相

 

暑い夏、平均気温が35℃を超え人々は熱中症に苦しんでいた。カルト教団も同様である。

 

このままでは碌に活動できないため、彼らはグリーンランド(ハイパーボリア)に住むグノフケー族から『アフーム・ザーの氷』を輸入する。その氷を食べると体内の熱が醒めるため、カルト界でたちまち人気商品となった。

 

『アフーム・ザーの氷』は、摂取した人間の熱(POW)を1奪い、アフーム・ザーを封印から解き放つコストになる。カルト教団はもちろん危険性を知っていたため、用法容量をよく守って食べていたのだが、愚かにも商品として大規模展開しようと考えたのが「ショゴス・インダストリー」であった。

 

彼らはカルト教団と取引して、『アフーム・ザーの氷』を全国に売り出した。もし1億人が『アフーム・ザーの氷』の氷を食べてしまうと、1億POWの力でアフーム・ザーが封印から解かれ、おまけに地球全土を氷河に変えてしまうだろう。

 

探索者は『超速冷凍かき氷』に神話生物の影を見て、調査をするうちにこの馬鹿馬鹿しい真実に気付いてしまう。探索者はグリーンランドに赴き、アフーム・ザーの開放を防がなければならない。

 

元ネタ

アフーム・ザー

 

英名:Aphoom Zheh
種別:グレート・オールド・ワン

 

氷のように冷たい灰色のまたたく炎の存在で、絶対零度の体に触れた生物は死ぬ。かつてのハイパーボリアを滅ぼした。アフーム・ザーは北極の氷の下深くのどこかに棲んでいる。大昔はヴーミア族に、今ではグノフケー族によって崇拝されている。


掲載:マレウス・モンストロルム