遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

【CoCプレイ感想】ここで長く生きて(ネタバレなし)

アカシック13にはソロシナリオもついている。公式シナリオの中でも珍しいタイプだなと思いつつ、クトゥルフ神話TRPGを体験した事のないプレイヤーと卓を囲み、キーパーとしてプレイした。

 

やばい、超好き。

 

『ここで長く生きて』

f:id:Lapu_Cosmic:20180522211843j:plain

 

著:内山靖二郎

あらすじ
------------------------------------------
プレイヤーが1人でも手軽に短時間でプレイ可能な“クトゥルフ神話TRPG”入門用シナリオ。
------------------------------------------
出典:アカシック13

クトゥルフ神話TRPGへの呼び水

「ここで長く生きて」は、KPが抱える悩み『入門用シナリオとしてどれを回すべきか?』という問いに一つの答えを出したのではないだろうか。

 

すなわち、このシナリオを回せということだ。

 

シナリオ自体は「殺人事件が起きた一軒家に閉じ込められた探索者が、脱出を図る」という王道でシンプルな内容だが、お手軽さ・低難易度・KPの回しやすさ・クトゥルフ神話の恐怖が味わえるという点においてほぼ完成されており、手を加える必要性はほとんど感じない。

 

ガチ初心者をクトゥルフ神話という深淵に引きずり込むための呼び水として、ぴったりな作品である。

 

悪いなのび太、この卓は1人用なんだ

このシナリオは1人プレイ用と謳っている通り、本当に1人向けである。間違っても複数人でプレイしようとは思わない事だ。

 

複数人ならば内容が似ている「悪霊の家」か「犬神憑き」をプレイしよう。

 

キーパーも楽しいよ

このシナリオはプレイヤーだけでなく、キーパーにも楽しさを提供してくれる。フォーカスが探索者一人に向くため、集中して取り組みやすいのだ。

 

尖った言い方をすれば『サディズムを刺激される』のである。普段は優しいキーパーも、このシナリオをプレイすれば高確率で嗜虐的になるだろう。

 

双方の初心者にお勧め

このシナリオは探索者を適度に痛めつけ、恐怖に陥れることができ、それでいて殺りすぎない(殺意は低い)。バランスの優れた内容であり、(出目さえよければ)初心者は生還できる程度の謎だ。

 

初めてのプレイヤー、または初めてのキーパーにお勧めする確かな一本である。

 

 

 

 

 


以下はプレイヤーの感想やキーパー向けの情報が含まれているので、少しでもネタバレが嫌ならば注意して欲しい。

 

 

 

 

 

 

プレイヤーの感想

「小さな違和感が積み重なって話が展開していくっていうのが面白かった」「ギリギリのところで耐えきっててよく調整されているなと思いました」という感想を頂いた。

 

クトゥルフ神話TRPGを初めて体験するプレイヤーだったので、気に入ってもらえたようで何よりである。

 

キーパーの注意点

初心者キーパーにお勧めと言ったが、手を抜いて良いわけではない。意識して欲しい点が、「盛り上げるのはキーパーである」ということだ。

 

なにせプレイヤーは一人しかいない。プレイヤー同士で盛り上げるということができず、基本的にキーパーにされるがままである。

 

故にキーパーは、卓を盛り上げる事に全力を尽くすべきだ。盛り上げ方は個々のキーパーにゆだねられるが、少なくともシナリオを読み込んでイメトレ程度はしておくべきだろう。

 

ちなみに私の場合は、おどろおどろしい描写・ホラーBGM・シナリオに付随している画像を準備して挑んだ。

 

初心者をCoC沼に引きずり込もう。