遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

【CoCシナリオフック】CRISPER

あらすじ

俺は見たんだ。

 

目が覚めると、窓際から、『蛙のような顔をした猫』が覗いてやがった。そいつは奇妙な鳴き声を上げると逃げ出していった。

 

あんな醜い猫がいるのかと思って、後をつけたら、見つけちまった。そいつが産んだに違いない子猫がよ・・・思い出すだけで恐ろしいぜ。

 

その子猫はみんな、親と同じ醜い蛙の顔をしていやがったんだ。

概要

とある大学で、高名な教授が「深きもの」の遺伝子を研究し「変身領域」を発見する。それを知った深きものが教授の家族を誘拐し、「変身領域」をあらゆる生物に組み込む研究を強要した事から事件が始まる。

 

教授は「深きもの」の監視の中、研究室で遺伝子編集ツール「クリスパー」とその応用技術「遺伝子ドライブ」を使い、実験動物のマウスに「変身領域」を組み込むことに成功する。次に猫やイヌなどの哺乳類に組み込み、見るもおぞましいインスマス面の動物が誕生する。もしこれらの生物が世に放たれたら、「変身領域」が彼らの子孫に引き継がれ、十数世代でインスマス面の混血生物が地上を埋め尽くす恐ろしい未来が待っている。

 

最悪な事に、地震の発生で研究室の一部が倒壊し、実験動物が逃げ出してしまう。探索者は、身の回りにインスマス面のネズミや猫を発見することで異常に気付く。 混血生物を駆除しながら、大学でおぞましい研究が行われている事にを突き止める。

 

教授は実験データを厳重に保管しているが、「深きもの」が家族を拷問すれば全て渡してしまうだろう。実験データが「深きもの」に渡る前に、教授を殺害するか教授の家族を「深きもの」から救いださなくてはならない。

元ネタ

深きもの

英名:Deep Ones
種別:下級の奉仕種族

 

水陸両生の種族で、クトゥルフおよびダゴンやハイドラに仕えている。彼らは人間との混血児を作ろうという強い欲望をもっている。

 

混血児は人里離れた海岸の村(インスマスなど)に住んでいることが多い。混血児は子供のうちは人間と同じに見えるが、成人をすぎるとだんだん醜くなり、やがて2、3か月の変身期間を経て深きものに変身する。

 

掲載:クトゥルフ神話TRPG

CRISPER-Cas9(クリスパー・キャスナイン)

2012年に発表された、遺伝子編集ツール。従来と比べ、遥かに簡便かつ安価である。どんな動植物の遺伝子も挿入、編集、削除することができる。「生命の設計図」のアップグレード技術なのだ。

f:id:Lapu_Cosmic:20180608212547j:plain

出典:日刊工業新聞

 

既に世界の何処かで、ヒトの遺伝子を編集した「クリスパーベイビー」を生み出そうとしている研究者がいるに違い無い。遠くない未来、あらゆる遺伝的疾病は遺伝子編集により解決し、遺伝子を弄らない方が非人道的と言われる時代が来るかもしれない。

遺伝子ドライブ

遺伝子ドライブとは、クリスパーで改変した遺伝子を子孫に100%受け継がせる技術である。子孫が必ずその特性を引き継ぐということは、世代を重ねる度に種族全体の特性が改変させられる。別名、遺伝子爆弾。ターゲット種族の根絶や兵器化が可能である。

f:id:Lapu_Cosmic:20180608212648j:plain

出典:ダーウィン・ジャーナル

 

参考文献:

books.bunshun.jp

www.nikkan.co.jp

darwin-journal.com