遊星からの探索者Xくブログ

遊星からの探索者X

クトゥルフ神話TRPGライフをより楽しむための色々紹介ブログ

【映画】導入が一番ワクワクするオカルト映画『ナインスゲート』

悪魔を称えよ。

『ナインスゲート』

f:id:Lapu_Cosmic:20181005194307j:plain

原題:The Ninth Gate
監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジョニー・デップ
公開:1999年

------------------------------------------
ジョニー・デップ主演のオカルト・ホラー。禁断の書と言われる“悪魔の書”を手にした書物ブローカーに起こる迷宮的恐怖を描く。ロマン・ポランスキー監督作。世界中の希少本を探す、書籍の探偵コルソ。彼はある富豪の依頼を受け、世界に3冊しかないという伝説の悪魔の祈祷書を探していた。ニューヨークからスペイン、ポルトガルと祈祷書を追って旅するコルソ。だがそんな彼の周囲では、不可思議な殺人が続発してゆく。
------------------------------------------
出典元:allcinema(http://www.allcinema.net

 

悪魔本の鑑定を巡るオカルトサスペンス

導入が一番テンション上がる

 

本作品で一番好きな部分が導入~調査開始の冒頭だ。

 

稀覯本(めったにない珍しい本。古写本・古刊本・限定出版本など)の探偵である主人公が、悪魔本の鑑定依頼を受ける。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104175818j:plain

ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)。ハイエナと呼ばれ、汚い仕事も請け負う。

 

その内容は「3冊の悪魔本のどれが本物かを鑑定すること」。

 

主人公に依頼する富豪は、悪魔本の1冊をコレクターから悪魔本を買い取っている。そのコレクターは翌日に自殺するなど、怪しさ満点だ。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104175921j:plain

本のタイトルは『影の王国への九つの扉』(The Nine Gates of the Kindgom of the Shadows)

 

シナリオフックとしても使えそうな導入で、様々な妄想が掻き立てられるだろう。

 

中盤以降は、お約束的な展開

 

主人公はヨーロッパを駆け巡って、悪魔本の所有者(彼らは皆コレクターだ)に会って鑑定を始める。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104180025j:plain

『影の王国への九つの扉』の挿絵

 

物語の中盤では、依頼者の様子がおかしくなったり、妨害者が現れたり、所有者が殺されたり、謎の美女が助けてくれたりと、ある意味でお約束な展開が待っている。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104180435j:plain

主人公を守る彼女の正体は?

 

この中盤が地味で長い。かつて土曜日の昼にTVで放送されていたサスペンス映画と同じタイプだ(実際に放送されていたのかもしれない)。この地味さが好きなら楽しめるだろうが、ホラーやアクションは全く無いので好みが分かれるところであろう。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104180530j:plain

 

個人的に好きなシーンは、それぞれの所有者がコレクションを見せびらかす場面だ。このオタク共め~、と彼らを温かい目で見ていた。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104181802j:plain

世の中には色んなオタクがいる

 

終盤は更に地味

この手の物語にありがちな、悪魔本を崇拝するカルト教団も登場する。彼らとの決戦が最終決戦かと思いきや、非常に肩透かしな展開で教団との戦いが終わってしまう。教団本部での展開は正直言って「えぇ…」という感じであった。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104180641j:plain

カルト教団の本部。この連中がもう少し強ければ盛り上がったのに…

 

ややネタバレになってしまうが、クライマックスは更に地味な展開が待っている。カタルシスはまるで無い。悪魔本に隠された秘密を暴くことは出来るが、「えっこれで終わり?」という肩透かしなエンディングである。

f:id:Lapu_Cosmic:20181104180600j:plain

大詰めだが全く盛り上がらない

 

総評:真面目なジョニー・デップが好きならどうぞ

2018年10月に観た映画やドラマの感想まとめ(ネタバレなし)

目次

映画館で鑑賞

イコライザー

f:id:Lapu_Cosmic:20181103182137j:plain

デンゼル・ワシントン初の続編。「舐めていた相手が超強かった」系の映画の中でも、デンゼル・ワシントン演じるマッコールの魅力は抜きんでている。前作よりも地味な展開だが、マッコールの魅力がより深まったストーリーに大満足!文句なし!


お気に入り度★★★★★

 

ブリグズビー・ベア

f:id:Lapu_Cosmic:20181103182252j:plain

赤ん坊の頃に誘拐された青年が、救出された後に見出した目標。それは誘拐犯(マーク・ハミル)が制作していた教育番組「ブリグズビー・ベア」の映画を作ることであった。全編を通して、創作活動に対してのポジティブなメッセージが強く、ストレスフリーなコメディ映画。唯一の不満は、物語が上手く行きすぎている点か。そしてブリグズビー・ベアが可愛い!番組見たいぞ!

 

お気に入り度★★★★☆


Amazonプライムで鑑賞

 

アース・トゥ・エコー

 

現代版E.TのようなPOV形式のSFアドベンチャー。お手軽に観られる映画だが、オススメするほどの魅力も見つけることができず…。

 

お気に入り度★★☆☆☆

 

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

 

虚無。

 

お気に入り度★☆☆☆☆

 

ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダースペクター(OVA

f:id:Lapu_Cosmic:20181103182506j:plain

なぜこれを本編でやらなかった!
この作品こそが仮面ライダーゴーストの真エンディングだ!

仮面ライダースペクターを見て、仮面ライダーゴーストの評価がひっくり返りました。あんなに嫌いだったゴーストが、今は満足度の高い作品となっているのだから、終わり良ければ全て良し!

 

お気に入り度★★★★★

 

PUSH 光と闇の能力者

 

若きクリス・エヴァンスダコタ・ファニングが出演するSFサイキック・アクション。超能力者同士のバトルが魅力だが、やや地味。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

カウボーイ&エイリアン

 

カウボーイ要素いる?

 

お気に入り度★★☆☆☆

 

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判

 

訴えるテーマは理解できるが、シーズン1・2と比較するとややパワーダウン。局長がふざけすぎていてげんなり。結末をきっちり描き切ったのでよし。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

ザ・センチネル/陰謀の星条旗

 

マイケル・ダグラスキーファー・サザーランドが共演。大統領暗殺事件を巡るサスペンス・アクション。

その不倫はいかんでしょ。

 

お気に入り度★★☆☆☆

 

ハードコア

 

全編一人称視点、まるでFPSゲームのようなアクション映画。VRで観ると評価が変わったのかもしれない。ややグロい。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

コクソン

f:id:Lapu_Cosmic:20181103182452j:plain

村人が立て続けに家族を斬殺する事件が発生。怪しげな異邦人が疑われるが…。
異邦人役である國村準の怪演が凄い。キリスト教の要素が多分に含まれているため、物語の解釈には知識がいる。それを抜きにしても中盤から終盤までパワー満載の映画。

 

お気に入り度★★★★☆

 

今月の最高の1本

イコライザー2!

主人公のマッコールさんの魅力が爆発する映画。

www.youtube.com

 

 

【シナリオ本】日本アノマロカリス学会

シナリオを公開しました。無料でダウンロードできます。なお当方はプレイした際の影響に関して一切の責任を持ちません。ご了承下さい。

 

booth.pm

【CoCプレイ感想】『黒いガレー船』

アカシック13のプレイはこれでやっと7つ目、折り返しだ。

 

Twitterで評判が良いシナリオをキーパーで回すことに。果たしてその結果は。

 

『黒いガレー船

f:id:Lapu_Cosmic:20180522211843j:plain

 

著:柄本和昭

 

あらすじ
------------------------------------------
キャンプ場を訪れた探索者たちは異世界からの襲撃に遭遇する。
------------------------------------------
出典:アカシック13

 

ややファンタジー路線のシナリオ

 

本シナリオは前半がホラー、後半はファンタジーに片足を突っ込むような変わったシナリオだ。まさかドリームランドをこうやって繋げてくるとは。現代日本とはいったい・・・。

 

とはいえ、ドリームランド(幻夢境)もクトゥルフ神話で重要な要素の一つだ。初心者がドリームランドに興味を持つかもしれないし、1本くらい混ざっていても問題ないだろう。

 

キーパリングはしやすいが、自由度は低め

 

キャンプ場という空間で異変が起こり、そのエリアで完結するためキーパリングは難しくない。探索する場所も限られているため、やや変則的な一本道のシナリオといったところか。

 

自由度が無いわけでは無いが、誘導用のNPCもいるので探索者の行動をコントロールしやすいだろう。

 

展開はぶっ飛んでいるが癖は強くない

 

このシナリオの肝は、ある意味ぶっ飛んだ後半の展開なのだが、私は癖が強いとは感じなかった。むしろ「これ面白いのかな?薄味な感じがするなあ」とまで思ったくらいである。恐らく2~3時間で終わる内容なのだからだろう。

 

NPCの行動方針も細かく書かれていて回しやすい部類の内容だと感じた。初心者KPも気兼ねなく回すことができるだろう。

 

 

 

 

 


以下はプレイヤーとキーパーの感想が含まれているので、少しでもネタバレが嫌ならば注意して欲しい。

 

 

 

 

 

 

プレイヤーの感想

「初心者としてはとっつきやすく、手堅い」「NPCの行動がちょっと薄味。特にドリン大尉」「シナリオの改造もやりやすそう」という感想を頂いた。ドリン大尉はねえ・・・絶対に肩書負けしていると思うんだ。

 

余談だが、報酬のアイテムの価値1D100万円で、ここぞという時に低い出目を出す「ダイス芸人」で有名なプレイヤーが見事「2」を叩き出した。ある意味一番盛りあがった。

 

キーパーの感想


私がキーパーを務めたのだが、正直なところ、評価が高いという理由がさっぱりわからなかった。感想としては「普通」である。恐らく神話的背景が単純かつパワープレイすぎて、「別のTRPGのシステムでプレイした方が楽しそう」だと感じた事が原因だろう。

 

ちょっと改造すればアリアンロッドで遊べるんじゃないかな。

2018年9月に観た映画やドラマの感想まとめ(ネタバレなし)

目次

 

映画館で鑑賞

アントマン&ワスプ

f:id:Lapu_Cosmic:20181005194155j:plain
マーベル・シネマティック・ユニバースの第20作にしてアントマンの続編。面白いっちゃ面白かったけれど、目新しさというものが感じられず、ストーリーも特筆すべき内容ではなかった。ただしアベンジャーズ4に繋がるので鑑賞必須。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

MEGザ・モンスター

f:id:Lapu_Cosmic:20181005194217j:plain

ジェイソン・ステイサムVSメガロドンという夢の対決!なのだが、ジェイソン・ステイサムが無敵すぎてメガロドンに格落ち感がある。映画としては普通、サメ映画としてはセオリー無視で微妙、総合するとステイサム好きはお勧めです。

 

お気に入り度★★★★☆

 

Amazonプライムで鑑賞

人生スイッチ

 

6つの短編で構成されたオムニバス作品。邦題でややミスリードになるが、テーマは「暴力と復讐」。最初の話が一番短いのだが、一番面白かった。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

バッドランド~最強の戦士~ シーズン1(ドラマ)

 

現代文明が滅んだあとの世界を描くバイオレンスアクションドラマ。1シーズン6話しかないので視聴しやすい。ワイヤーアクションは素晴らしいが、物語には乗れず。ヤングアダルトっぽい雰囲気。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

ナインスゲート

f:id:Lapu_Cosmic:20181005194307j:plain

ジョニー・デップがまだ真面目な頃の映画。世界に3冊しかない悪魔本の鑑定を依頼される話で、TRPGのシナリオにも出来そうなワクワクする導入。結末はややパンチが弱いものの、オカルト映画としてグッドです。

 

お気に入り度★★★★☆

 

セッション

f:id:Lapu_Cosmic:20181005194341j:plain

ラスト9分19秒が素晴らしい!と絶賛されていたのだが、斜めに構えて鑑賞したらマジで素晴らしかった。J・K・シモンズが滅茶苦茶怖い。演技ヤバい。潜在的に男子が憧れているようなサクセスストーリーで、最後の9分19秒は本当に何度も見返すパワーがある。

 

お気に入り度★★★★★

 

ポーカーナイト 監禁脱出

 

「ポーカーナイト」という催しに参加した日の晩、若手刑事は謎の誘拐犯に監禁される。ポーカーナイトで聞いたベテラン刑事の体験談を元に脱出を図る…というあらすじなのだが、ポーカーナイトでの体験談はギミックではなく「ちょっとタメになるよ」程度の役割しかなかった。どんでん返しなどは無く普通のサスペンス物。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

マンマ・ミーア!

 

ロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。結婚式を控える娘が、父親候補である3人を母の名で呼び出し、突き止めようとする。ミュージカル映画としては面白いが、父親候補の扱いにやや不満が残った。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

ブレイブ・ストーリー

 

原作未読なため、ほぼ予備知識なしの鑑賞。異世界転生物。普通に面白いと思います、はい。物語のラスト、主人公が作品のテーマを全部しゃべる。ツッコミどころは多いが、小説を2時間に纏めた映画なんてこんなもんだ。

 

お気に入り度★★★☆☆

 

今月の最高の1本

 

セッション!(2014年)

 

アカデミー賞を3部門も受賞するだけのパワーはあります。
この映画は、誰が何と言おうとサクセスストーリーだ!

www.youtube.com